世界の美術的建物

印象を絵にする

アートを感じてみませんか

印象を絵にする

絵画の中に抽象画というのがあることは知っている人がほとんどだと思います。モデルはあったりなかったり、書き方も表現方法も人によって違いが大きいですが、作者の思ったこと感じたことなどの印象を絵に表すというのは難しいことのように思われます。まず印象というものはあくまで頭の中にあるもので、色や形が明確にあるわけでなく、それによって実際に見ているものに与えられる影響も目には見えません。それを見える形にして描くというのはそれはそれは想像力を使うことだと感じます。絵画は基本的に見る専という人は多いですが、見るのが好きな人はやはり抽象画に込められた作者の気持ちがある程度わかるものでしょう。それをどこまで広く伝えられるかや、描き方のインパクトによって印象付けることが抽象画家のステータスと言える部分があります。しかし逆に見る専の人にとってもこの人の作品はわからないというものもあり、特にピカソは有名ながら見れば見るほど理解できないという人も多いです。

2016/06/10 04:32:47